電話占いで未来を切り開く|霊感・霊視占い

電話占いで自分を変えれば未来が変わる。

小さいカフェをオープンするのが長年の夢だった。夢が叶うまであと1歩のところだったのにそれが叶わなかったことがある。信頼していた人にお店の開店資金を持ち逃げされたというのは、よく聞く話。私の場合もそうだった。OL時代に頑張って貯めたお金と足りない分は親に借りてこじんまりとして、誰でもゆっくりとくつろげるお店を作りたかった。

 

あちこち探してやっと見つけたお気に入りの物件。希望する家賃より少々高かったけど、駅から近いし、街並みの雰囲気も良くて一目で気に入ってしまった。お店に置くテーブルやイスにもこだわりたかったから知りあいの人に頼んで作ってもらったり、お客様に出す食器やグラス類も海外から取り寄せた。お店の内装は父の友人に頼んだから普通よりは安くしてもらった。色々苦労して準備を進めて、いよいよオープンまで残り1週間ってところで、一緒にやってくれるはずの友人と突然連絡が取れなくなった。最初は騙されたことに気付かなくって、電話しても出ないし、家へ行っても留守のまま。もしかして急病になって入院?何処かで交通事故にあった?とか思ったりして・・・

 

どうしたものかと散々悩んで、結局、霊感・霊視の電話占いで視てもらった。その友人はギャンブルでかなりの借金があったらしく、その借金返済のために持ち逃げしたのだった。そこで初めて自分が騙されたと自覚した。例え友人を探し出しても、資金が戻ってくる可能性は低いと言われた。悔しく情けなくて(涙)。でも先生には「あなたは諦めることはない。今回は無理でも、また必ず力になってくれる人が現れるから大丈夫!それまで自分磨きを頑張りなさい」と言われた。

 

その言葉を信じて、バリスタとフードマイスターの勉強をするためにスクールへ通い始めた。それが縁で今度はカフェを共同経営する話が持ち上がった。2度も騙されるわけにいかないので、また電話占いで霊視してもらったら「この人は信頼できる人だから大丈夫」と太鼓判を押してくれた。それからはとんとん拍子に物事が進み、カフェをオープンすることができた。明日でオープン1周年!未来を切り開いてくれる電話占いのおかげで今がある。

投稿日:

執筆者: